瀬戸康史 新ドラマ役との共通点は「ちょいダサ」?

「少女漫画でラブストーリーと聞いて、はじめはちょっと抵抗があったんですよ。絶対、キラキラ度合いについていけない! って。でも実際は恋愛のキラキラ感だけじゃなく、主人公の障害についてもしっかり踏み込んで描かれていて。それがとても印象的でした」

 

そう語るのは、ドラマ『パーフェクトワールド』(4月16日スタート、フジテレビ系・火曜21時~)でメガネ男子・是枝洋貴を演じる瀬戸康史(30)。

 

「ふだんから家ではメガネなんですよ。今回演じる是枝も、常にメガネをかけている役。効果的に使えるように、服装やシーンに合わせて、何種類かをかけ替えているんです。実は、おしゃれに興味はあるけど“ちょいダサ”って設定があるので、それを生かして遊んでみたりもしてます(笑)」

 

演じる是枝との共通点は?

 

「同じジャンルの人間な感じはします。考えすぎ男子というか。もしかしたら“ちょいダサ”っていうのも同じなのかもしれません。自分では気付いてないですけどね。それにしても“ちょいダサ”って実はいちばんダサいですよね! どうせなら振り切りたい(笑)」

 

今回は“恋敵”という役どころ。どんなふうに演じたい?

 

「是枝は優しくていちず。そして誰に対しても真摯。ずるいところもありますが、悪い人間じゃない。だから“ライバル感”を出そうとか変な計算はせず、まっすぐ演じられたらと思っています」

関連カテゴリー: