佐藤健 映画『ドラクエ』は「ゲーマ人生を肯定してくれた」
(撮影:網中健太)

「この映画は、ゲーマーとしての僕の人生を肯定してくれました。子どものころから“ゲームはよくないものだ”と言われてきましたが、素敵なこともたくさんあるんです!」

 

弾けるような笑顔でゲーム愛を語る佐藤健(30)。映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』(8月2日より全国東宝系にて公開)で声優に初めて挑戦した。今年は主演映画が3本と、多忙を極める佐藤。そんな人気者の気になるオフの過ごし方は?

 

「オフの日は映画を見たり、脱出ゲームに行ったり。家で一人、本を読んで、謎解きをやることもあります。(趣味の)オセロゲームはしばらくやっていないけど、強いのは変わらないかなあ(笑)。交友関係に関しては、興味がある人がいたら積極的にいきますよ。千鳥のノブさんとか、どんなジャンルでも尊敬する人って不思議と気が合う」

 

一方、仕事モードに切り替わる瞬間は「意識したことがない」ときっぱり。

 

「あえて言うなら、本番の直前に深呼吸をするときですね。セリフはリハーサルをやると入るので、台本はほとんど見ません。現場で考えていることは、いいものを作るためにベストを尽くすことだけ。この作品の現場は初めてのことが多かったので、監督の指導を素直に聞いて一生懸命やる、を徹底していました」

 

今年の後半は、時間に少し余裕ができるという。

 

「旅行します! 国内外問わず、行く計画を立てていて。好奇心があるのでやりたいことはたくさんあります。ただ、手配や準備は、一緒に行く友人に丸投げするタイプですね(笑)」

関連カテゴリー: