草刈正雄明かす「“泰じい”が忘れられない『なつぞら』名場面」

「今日で、(柴田)泰樹ともお別れ。この衣装も最後だと思うと本当に寂しいね~」

 

カウボーイハットに手を添えて、ほほ笑みながら語る草刈正雄(67)。100作目となるNHK連続テレビ小説『なつぞら』で広瀬すず演じるヒロインなつの人生の師・柴田泰樹を演じた彼が、本誌に1年3カ月に及ぶ撮影秘話を明かした。

 

「昨年6月の北海道ロケから始まって泰樹役へのテンションがずっと持つだろうかと思ったけれど、撮影は楽しかった。泰樹は開拓者精神にあふれ、偏屈で頑固じじいでガツンと怖いところもあるけど、深い愛情と思いやり、時におちゃめで非常に人間っぽい。こんな幸せな役に巡り合えるのはなかなかありません。役者冥利につきます」(草刈・以下同)

 

草刈が最初に挙げた名場面は1週目、戦災遺児のなつ(栗野咲莉)と泰樹が「雪月」の店先でアイスクリームを食べる場面。「ちゃんと働けばいつか報われる。堂々と、ここで生きろ」という泰樹に、なつが涙する。

 

「咲莉ちゃんは、涙を流す芝居のタイミングが思ったとおりにいかなくて、監督に『もう1回やらせてください』って自分から言って。すごい子だなと驚きました。彼女だけじゃなくほかの子役の人たちも、1人のプロの役者としてこちらにぶつかってくる。だから油断していられない(苦笑)。僕も真剣にぶつかり合っていました」

 

草刈の周囲にも大勢の人から「泣いた」メールが届いたという。

 

「こういう反響を聞くとうれしいよね。僕は実はミーハーでね。そんなふうに人が喜んでくれることがうれしいの。どんなに年とっても、人に褒めてほしいんですよ。そのために役者をやっているところもあります。いちばん褒めてほしいのは家族なんですけど、実は家族は『なつぞら』を見ていないんです」

 

記者が驚いてその真意を尋ねると、苦笑いしながら「僕がうるさいから」と打ち明けた。

 

「僕がね『どうだった?』と聞いて、妻や娘が『うん、よかったよ』と言っても、それだけじゃ納得できず『よかったじゃなく、どう? どんなふうに? どこが?』と100回以上は聞くんです(笑)。しまいには『もう、うるさい!』『私たち見ない』と妻と娘に言われて。そう言っても(家族は)僕に隠れて見てくれているんじゃないかな」

 

おちゃめな表情を見せる草刈。ヒロイン・広瀬すずについて聞くと、「苦労も見せず、肩の力も抜けてナチュラルな芝居ができてすごい」と絶大な信頼を寄せる。そんな広瀬との撮影で、最も印象に残っているシーンは――。

 

「柴田牧場の牛舎での花嫁姿(8月10日放送)を目にしたときは、感動しました。あれは制作側が『最後まで草刈さんになつの姿を見せないで』と仕込んだみたいでね。『じいちゃん』と呼ばれて振り向くと、彼女が白無垢の花嫁姿で立っていたんで、もうぐっと、こみ上げてきました」

 

花嫁姿のなつに「わしもおまえに育ててもろた。たくさん、たくさん、夢をもろた。ありがとう。おめでとう。なつ」と、声を震わせ涙する泰樹の姿は感動を呼んだ。

 

そんな『なつぞら』の放送も残りわずかに。

 

「泰樹は、90代まで生きるんです。最後まで朝ドラに出させていただいて、これも珍しいことですがうれしい。広瀬さんはじめ共演者、スタッフに最後まで交わって最後まで心を込めて、変なとぼけた“THE泰樹”をやりとげましたよ」

 

草刈の名演が、今作の最後までわれわれの涙腺を刺激する――。

関連カテゴリー: