吉岡里帆明かす「小学校は人前に出るのが苦手な子どもでした」
(撮影:タカオカ邦彦)

「今回の台本を読むと、人が壊れていくさまや不幸になっていく物語が展開するので、重苦しくて憂鬱になるのかなと想像していました。でも、悪とか人間の弱い部分にのみこまれるイメージが、稽古が進むうちに変わってきていて。むしろフォーチュンが魂を奪われてからの、人間の感情がむき出しになるパワフルさが印象的。パンチを食らうようなエネルギッシュな作品だと思います」

 

そう話すのは吉岡里帆(26)。「新しいことに必死でしがみつくようにして稽古を重ねた」と告白する舞台『FORTUNE[フォーチュン]』(1月13日~2月2日、東京芸術劇場プレイハウスにて公演。以降、3月1日まで松本、大阪、北九州でも公演)が今月開演する。

 

ゲーテの『ファウスト』の舞台を現代のロンドンに置き換えた本作。作品名は、すべてを手に入れるために悪魔と「契約」を結び、やがて闇へと堕ちていく主人公(森田剛・40)の名前だ。吉岡は、彼が思いを寄せる女性、マギーを演じる。

 

女優になる前は、舞台への思いは正反対だったという。

 

「小学生のころは人前に出ると緊張しちゃって、学芸会でも舞台に立つ感じではなかったです。好きだったのは静かな空間。一人でコツコツ没頭できる書道をずっと習っていました。なのに今、このお仕事をしているのが不思議です。新鮮に映って感動が大きかったのかな」

 

10代のころ、小劇場の作品に触れたときの感動が舞台に憧れるきっかけとなった。’20年は、念願の仕事で幕が開ける。

 

「とにかく1個1個真剣に取り組む先にやりたい夢があるんだと信じているんです。今はそれが形になってきたのかなと思います。演出家や共演者と意見を交わして稽古を積むと、少しずつよくなっていく実感があって、その積み重ねが最高ですね」

 

「女性自身」2020年1月21日号 掲載

関連カテゴリー:
関連タグ: