大河『麒麟がくる』ヒロイン門脇麦「役に影響されている」
(撮影:福田ヨシツグ)

「私自身も光秀がどういう人物なのか正直まだわからなくて、本能寺の変に至るまでどういう人生を歩むのか、そばで支えていく役として楽しみです」

 

戦国武将・明智光秀を描く大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK・1月19日放送開始)で、戦災孤児として初回から登場するのが門脇麦(27)演じる駒だ。

 

「駒は堺正章さん扮する医師の望月東庵先生の手伝いをしています。そして光秀(長谷川博己)と出会います。駒は明るくて前向きな女のコ。演じていると自分も明るくなり、すごく役に影響されているなと思います」

 

織田信長に仕える40歳まで、光秀の人生は史実がなく謎のベールに包まれている。しかし本作品は20歳からの光秀が登場する。また、大河ドラマには架空のキャラクターがしばしば登場するが、駒、望月東庵、そして、農民の菊丸(岡村隆史)もオリジナルキャラクター。

 

「本当にピンとこない3人組だと思うんですけど(笑)。だからこそ説得力というか、リアリティを持たせないといけないので、そのあたりは気をつけて演じていきたいと思っています」

 

光秀とやがて行動をともにすることになる駒。光秀役・長谷川との共演の感想を聞くと。

 

「過去に共演させていただいたこともあるので、すごくお芝居しやすいです。役についての話もしますが、最近食べたおいしいものとか、雑談のほうが多いかもしれません」

 

光秀には主君を殺した裏切り者というイメージがあるが「新しい光秀像をつくっていこう」という試みがされており、その部分が見どころとなるのは間違いなさそう。

 

「一般的なイメージとは違う、新しい光秀像を皆が探しながら撮っていて、誰も見たことがない光秀がいます。そこが素直におもしろく感じていただけると思います」

 

「女性自身」2020年1月28日号 掲載

関連カテゴリー: