葵わかな 元気で気丈イメージの反面「すごく気にしぃなんです」
(撮影:小野田麻里)

日本初演となるミュージカル『アナスタシア』(東京公演/3月1〜28日、東急シアターオーブにて。大阪公演/4月6〜18日、梅田芸術劇場メインホールにて)で主人公・アーニャを演じる葵わかな(21)。

 

20世紀初頭、帝政ロシア時代の皇帝一族が殺されるも皇女アナスタシアだけは生き続けているという歴史上の謎「アナスタシア伝説」をベースに、記憶喪失のアーニャが過去を取り戻して、帰る場所を見つける物語だ。

 

「繊細な日本人ならではの心の機微をぜひ表現していきたい。せっかく日本キャストが演じるんですから」

 

アーニャ同様、葵自身も元気で逆境に負けない、気が強い女性に見える……。

 

「意志が強いね、とはよく言われます。……というのが表から見たワタクシでございまして(笑)。本当はすごく気にしぃなんです。この言い方でよかったのかな、という不安は常にあります。全人類と仲よく、お互いに好きでいるなんて難しい部分もあると思うんですけど」

 

えへへ、うふふ、という照れ笑いがかわいらしい。では、今後は?

 

「舞台が続いたので、経験したことを生かしてまた映像もやりたいです。植えた苗が少しでも成長するように、変わらずに水をあげ続けていきたいです。たくさんの花が咲くように、これからも怖がらず、勇気を持っていろんなことにチャレンジしていきたいな」

 

ふんわりと語りながらも、表情の奥には確固たる信念が見えた。

 

「女性自身」2020年2月25日号 掲載

関連カテゴリー: