中村倫也 最後の晩餐で食べたいものは「迷わず蕎麦!」
(撮影:木村哲夫)

ゴールデン・プライム帯の連ドラに初主演! しかも原作は東村アキコの漫画で超変わり者の探偵役と聞けば期待が膨らむばかり。さっそく撮影現場に密着してきましたーー。

 

「この衣装、意外と似合うと思っています(笑)」

 

そう話すのは、4月12日スタートのドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系・日曜22時30分~)で主演を務める中村倫也(33)。撮影現場に潜入すると、さっそく見目麗しい探偵を発見!

 

「撮影の合間は共演者とふざけてばかりいます。最近は、スタッフさんにも『またやってる』って無視されちゃう(笑)」(中村・以下同)

 

この日も終始、冗談を飛ばして周囲を笑わせる。ドラマは、中村が演じる美食家の明智が、類いまれなグルメの知識を使って殺人事件を解決するグルメサスペンス。

 

「殺人を犯す動機や推理の着眼点がとても生活感があるんです。これまでのミステリーとは違う視点が面白い」

 

自身の食へのこだわりを聞いてみると、唯一、蕎麦の食べ方だけはうるさいという。

 

「一口目は何もつけずに蕎麦を1本だけ食べて風味を味わう、といった自分のなかの作法があります。“最後の晩餐に何が食べたい?”と聞かれたら、迷わず蕎麦と答えますね」

 

最旬俳優とグルメのマリアージュを、ぜひご賞味あれ!

 

「女性自身」2020年4月21日号 掲載

関連カテゴリー: