仮面ライダー俳優・板垣李光人を安藤政信、市原隼人らが撮影
撮影:安藤政信(KiKi.inc.)

「10代の自分を形で残したいという思いから始まりましたが、こんな大ごとになるとは……(笑)」

 

初の写真集『Rihito 18』(SDPより6月17日発売、2,200円+税)の発売を控え、そう心境を明かした板垣李光人(18)。昨年、『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系)で注目を集めていた彼はある大物俳優に撮影をオファー。そこからとんとん拍子に話が進み、3人の俳優が彼を撮った1冊の写真集ができあがった。

 

その俳優とは、安藤政信(45)、市原隼人(33)、三浦貴大(34)。みな写真家としても活躍中だ。

 

「安藤さんと三浦さんとはドラマで共演したとき、休憩中によく写真を撮っていただいていたんです。写真集の話が出たとき真っ先に安藤さんにお願いしたら快諾してくださって。屋久島ロケは安藤さんから提案していただきました。安藤さんは被写体の気分を上手に高揚させてくださる方で愛を感じます。三浦さんはドラマの撮影現場でもつねに一歩引かれて全体をよく見られていて、写真集の撮影でも見守りながら撮ってくださいました」

 

また、事務所の先輩でもある市原とはこれが初対面だったとか。

 

「最初は緊張しましたけど、撮られる側でもあるので、気持ちをくんでくださるんです。優しい方で、撮影用に市原さんの私物のニットも貸してくださったんです」

 

「女性自身」2020年6月9日号 掲載

関連カテゴリー: