眞栄田郷敦「挨拶のできる、内面のキレイな女性がタイプ」
(撮影:網中健太)

昨年、ラガーマンを演じたドラマで脚光を浴びた眞栄田郷敦(20)。新作『私の家政夫ナギサさん』(TBS系・毎週火曜22時〜)では、主人公を振り回すイマドキの新入社員役に! Q&Aでその素顔に迫ります。

 

ーー新入社員・遙人を演じるうえで大切にしていることは?

 

「遙人の真っすぐさです。彼はちょっと癖があるけど、一生懸命だからこそ周りの人から愛される。自分と彼の共通点は、効率を優先させるところ。携帯電話に何でもメモするところは似ています」(眞栄田・以下同)

 

ーーお父さんからどんなアドバイスをされた?

 

「僕が俳優になるとき、父から“役を掘り下げることと自然な演技が大切だ”とアドバイスされました。その言葉どおり、日々、俳優の仕事は深いなあと思いますし、自分の演技の未熟さを反省するばかりですが、毎日、少しずつ進歩することを目標に生きています(笑)」

 

ーー好きな女性のタイプは?

 

「あいさつとか当たり前のことが当たり前にできる、内面のキレイなコが好きです。親はもちろん、誰にでも胸を張って紹介できる人がいいなあと思います」

 

ーー家での過ごし方は?

 

「家では筋トレのほか、サックスを吹いて過ごすことが多いですね。学生時代はプロのサックス奏者を目指していたので、毎日猛練習していたころを思い出すと、今でもつらくなります(笑)」

 

「女性自身」2020年7月28日・8月4日合併号 掲載

関連カテゴリー: