小手伸也 長澤まさみとの共演に照「2人でプールに行ったり…」

「撮影が終わると、だいたい東出くんの部屋に集まって飲んでいました。長澤さんとコヒ(小日向)さんと、何げに出席率が高かったのが江口洋介さん」

 

そう話すのは、人気ドラマの映画化第2弾『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(7月23日公開)で、詐欺師の五十嵐を演じる小手伸也(46)。

 

今回は、マレーシアのリゾートホテルを舞台に大富豪の莫大な遺産を狙う。五十嵐はホテルマンとして単独潜入する役割。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世との共演シーンが少なかったぶん、撮影以外での関係性は今まで以上に濃厚だったと語る。

 

「よく長澤さんに遊びに誘われて、『僕とですか!?』と聞き返したら『いちばん誘いやすいし、来てくれそう』と。2人でプールに行ったりスイーツを食べたり、ぜいたくな時間を過ごしました。カメラが回っているときや、みんなの前だとかなりの塩対応なんですが、2人のときは普通に気さくな女性で。もともとサービス精神が旺盛で真面目な人ですからね。(役の)ダー子と五十嵐の関係を踏まえて、僕をどう扱えばみんなが喜ぶかまで考えてくれている。ここをバラすと本当は怒られるんですけど(笑)」

 

本シリーズでのブレーク以降、多忙な日々が続いたが、新型コロナウイルスによる自粛中は久々に家族との時間を過ごせたそうだ。

 

「うちの子が『あつまれ どうぶつの森』にハマっていて、運動のため密を避けながら公園で虫捕りをするのが日課でした。ある意味リアル『あつ森』ですね(笑)。結果的にかなりの種類の蝶を捕獲しまして。命の大切さとかを教えるため、毎回自宅のベランダから放していたんですが、最近家の周りにすごく蝶が増えて。うちのせいで繁殖したのかも……」

 

「女性自身」2020年7月28日・8月4日合併号 掲載

関連カテゴリー: