Boom Triggerがデビュー!“仲良し”5人明かす結成秘話
上段左から稲吉ひかり、安藤優、結城樹/下段左から岡野海斗、大水陸渡

人気オーディション番組で出会いを果たした5人組ダンスボーカルユニットBoom Triggerが、シングル『Shaking/The Party Must Go On』で8月13日にデビューを果たした。K-POP・J-POP・HIP-HOPを融合させた新ジャンル「K-J・HOP」を切り拓いていくようだ。

 

「僕たちめちゃくちゃ仲良しですよ!」と元気いっぱいに語る5人が、これからの活動に向けて意気込みを語ってくれた。

 

――デビューが決まった時はどんな気持ちでしたか?

 

安藤優(21):嬉しさもあり、楽しみな気持ちが大きかったです。メンバーそれぞれとは少しずつコンタクトがあって、ある程度みんなを知っていたからこのメンバーなら「楽しんでできるかも!」という期待が大きかったです。

 

岡野海斗(19):最初、陸渡くんと優くんと僕の3人グループだったんですけど、僕がひかりくんを呼んで、陸渡くんが樹くんを呼んで5人集まりました。ほぼ初対面ぐらいのメンバーもいたので、最初馴染めるかどうか心配だったんですけど、「楽しくグループとしてできそうだな」と思いました。みんなキャラがちゃんとあるから戸惑いがない。

 

大水陸渡(21):東京に住むことを考えたら、めちゃくちゃドキドキしました。友達は「本当に行くの?」と、半信半疑でしたね。家族は「あ、いってらっしゃい」という感じでわりと軽かったんですが(笑)。

 

 

――オーディションを受けたきっかけは?

 

稲吉ひかり(20):僕の母親は、役者として戦隊モノのドラマに出演していたことがありました。その影響もあって、「役者になりたい。仮面ライダーになりたいな」と思っていたんです。歴代の仮面ライダーの皆さんはモデルやグランプリ受賞をしている方がいらっしゃったので、僕もモデルのオーディションを受けようと思ったんです。

 

いざオーディションに行ってみると、色んな人がアクロバットや歌といった特技を持ち合わせていたけど僕は何もなくて……。そこで、前日に廃材でスピーカーを作るワークショップに参加していたので、作ったスピーカーをオーディションに持っていきました。審査員からは微妙な顔をされましたね(笑)。

 

結城樹(23):僕はもともと社会人で働いていたんです。地元の山形にある工場で、4年くらい働いていました。オーディション番組に参加する半年前くらいに退職して、韓国に1学期だけ留学していました。帰国後に上京して「よし!オーディションを受けまくろう」と思っていた時に、オーディション番組に出会いました。けど、合格した時は「え、あれで合格できたのか!」って気持ちだった。ダンスの経験もなかったんですけど、即興でロボットダンスみたいなのを踊ったことを覚えています。

 

稲吉:すごいっすね。ロボットダンスをチョイスしたんすか!

 

結城:他に受けていた人が10人くらいいたけど、たぶん全員、僕を「落ちた」と思っていた(笑)。受かったから、「なんで?」という感じで驚きでした。

 

稲吉:光るものがあったんですよ。ロボットダンスに。

 

結城:審査員は失笑でしたね(笑)。ひかるくんがスピーカー見せたのと同じくらい(笑)。

 

 

――懐かしそうにオーディションを振り返る5人。初めて自分たちのデビュー曲を聴いた時の感想を聞いてみた。

 

岡野:想像していたよりも、はるかにクオリティの高い楽曲でびっくりしました。

 

稲吉:うん、予想以上に。

 

岡野:「本当にこの曲を僕たちがやっていいのかな」って思ったくらいでした。『Shaking』の方はめちゃくちゃカッコいい曲。『The Party Must Go On』はポップでパーティー感のある曲。僕たちのキャラクターがしっかり出ていて楽しめるはずです。

 

大水:初め聴いた時は鳥肌立ちましたね。『Shaking』がクールで、俺にはクールの欠片もないから「歌って踊って表現できるのかな?」っていうめちゃくちゃ楽しみな気持ちと不安な気持ちが入り混じった感じでした。

 

――レコーディングで苦労したことは?

 

安藤:ふふふ(笑)。陸渡、いちばんあるじゃん。

 

大水:俺がいちばん苦労しましたね。もともと、自分の歌い方がふわっとした“優しい感じ”なんですよ。

 

稲吉:天使の歌声じゃん(笑)

 

大水:曲が「テンション上げていこうぜ」といった曲だったので、歌い方や表現に苦労しました。いつも歌う曲のジャンルはバラード系が多く、固定されていたんです。「新たな自分を見つけた」という風に思いました。

 

稲吉:僕たちの曲は、目をつむって聴いたら誰が誰の声かわかる。それぞれの声にすごく特徴があって、際立っているんです。

 

全員:うんうん。

 

 

――どんな人に聴いてもらいたいですか?

 

岡野:『The Party Must Go On』はMVにキッズダンサーが出てくるんですけど、小さな子ども達も口ずさんでくれるような曲になって欲しい。世代的には僕たちと同い年ぐらいか、少し年上の方にも聴いて欲しいけれど、小さな子ども達にも聴いてほしいな。ダンスもキャッチーなので、みんなに真似してもらいたいです。

 

稲吉:幅広い世代が楽しめる曲です!撮影スタッフもみんな口ずさんでくれて、振りも「カッコいい」と褒めてもらいました。

 

岡野:うん、1度聴いたら耳から離れなくなりますよ。

 

誰もが楽しめるキラーチューンを引っさげてデビューを果たしたBoom Trigger。これからの活躍にも目が離せない。

 

【フォロー&RTプレゼント】

 

デビューシングルついに発売! Boom Triggerのサイン入りポラ写真を合計3名様にプレゼント! 応募方法は、8月23日(日)23時59時までにTwitterでWEB女性自身の公式アカウント(@jisinjp)をフォロー&プレゼント告知ツイートをRT(リツイート)。当選された方にはDM(ダイレクトメール)にて、応募フォームのURLをお送りします。

 

<注意事項>

・TwitterでWEB女性自身の公式アカウント(@jisinjp)をフォローし、該当ツイートをRT(リツイート)していることが当選の条件となります。
・プレゼントに当選された場合、プレゼントがお手元に届くまでフォローを解除しないでください。
・アカウントを非公開にされている場合は、DM(ダイレクトメール)をこちらから送ることができませんのでご注意ください。
・賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。
・賞品に関するご質問、抽選や当選に関するご質問の受付は行っておりません。
・当選者の方に入力していただいた応募フォームの内容は、賞品の発送にのみ使用させていただきます。そのほかの目的には使用いたしません。
・当選賞品の権利の譲渡、および換金はお断りいたします。

関連カテゴリー: