野村周平「ニューヨーク留学で学んだレディーファースト文化」

「とにかくみんな自由なんですよ。他人のことをあまり気にしないというか。自分は自分っていう人ばかりなんで、僕もすごく楽でしたね。語学学校に通いつつ、友達と飲みに行ったり、スケボーをしたり、ニューヨーク生活を満喫しました。だから帰国するときはすごく寂しかったですし、もう1回行きたいくらいです(笑)」

 

現地での生活をそう振り返るのは、先日、約1年間のニューヨーク留学から帰国した野村周平(26)。もともと、留学を希望したのは「自分の世界観を変えるきっかけになるのでは」と思ったからだそう。実際に、何か変化はあったのだろうか。

 

「人に優しくなりましたね。とくに女性からの好感度が上がってると思いますよ(笑)。やっぱり向こうはレディファーストが当たり前で、できないのはカッコ悪いっていう文化なので。ドアを開けておいてあげるとか、荷物を持ってあげるとか、困っている人に手を差し伸べることが、自然とできるようになりました」

 

そんな野村が、帰国後初めて出演するドラマが『DIVER−特殊潜入班−』(カンテレ・フジテレビ系、9月22日21時スタート)だ。元自衛官の潜入捜査官という役作りのため、クランクイン前の1カ月間は、週5日でトレーニングに励み、準備万端で臨んだ撮影だったが、ブランクを感じる瞬間もあったという。

 

「現場での立ち振舞いを忘れてるんですよね。カメラに対しても苦手意識が生まれていて、顔に寄って撮影されるときは、すごく緊張しました。できていたはずのことができなくなってるっていうのが嫌で、慣れるまではしんどかったですね」

 

最後に、野村自身が潜入捜査したいところを聞くとこんな答えが。

 

「ほかの事務所で、同年代の俳優のマネージャーをやってみたいですね。それで『自分で仕事取ってきて』とか言ってみたい(笑)」

 

「女性自身」2020年9月29日・10月6日合併号 掲載

関連カテゴリー: