コロナ禍に不向き…梅垣義明「鼻から豆飛ばしやりたいけど……」
コロナ時代でも可能なスタイルのライブを模索していくという。 画像を見る

『ろくでなし』を歌いながら鼻にグリーン豆を詰めて客席に飛ばす芸を得意とする、もっともコロナ禍に向かない芸人・梅垣義明(61)。そんな芸風の梅垣がコロナ禍に『梅ちゃんの新春シャンソンショー2021』を開催する。どんなネタを披露するのか? 梅垣と今回ショーの構成・演出を手掛ける作家のすずまさ氏(60)に、インタビューマン山下が話を聞いた。

 

ーーコロナ禍での開催となりますがどんなネタをやろうと考えているんですか?

 

梅垣「いつものショーだったら客席に降りて鼻に詰めた豆を飛ばしたりするんですけど、飛沫感染の恐れがあるので今回はできないんですよ。だからネタを再構築しようと思って過去30年のネタのVTRを見直しました」

 

ーー前回8月にもライブをやってますが、その時の対策はどうしたんですか?

 

すずまさ「舞台と客席に透明のビニールシートで仕切りを作って完全に分けちゃいました。それを刑務所の面会という設定にしてやりました」

 

ーー今回もビニールシートはあるんですか?

 

梅垣「今回はないですが客席には降りません」

 

すずまさ「後はお客さんに安心して見てもらうためにショーが始まる前にPCR検査を毎回やろうと思ってます。それで『今回検査して梅垣義明は陰性でしたので安心して見てください』とお客さんに伝えようかなと思っています」

 

ーー今回『鼻から豆飛ばし』を見られないのは残念ですね。

 

梅垣「豆飛ばしをやるとしても、違う見せ方をしないと……」

 

ーー梅垣さんのネタで吹くと伸びるピロピロ笛を鼻に刺して吹くネタがありますが、あれは飛沫に関しては大丈夫じゃないですか?

 

すずまさ「鼻笛は大丈夫でしょうね(笑)。お客さんに届かないので」

 

梅垣「でもはっきり言って鼻笛はたいしたネタじゃないから、恥ずかしいから記事に書くのを止めてください(笑)」

 

ーーいや面白いじゃないですか! 客席に降りるネタは今回できないですからね。

 

すずまさ「そういうネタが80%から90%なんですよ」

 

ーーほぼできないじゃないですか! 例えば物干し竿に掛けた布団を梅垣さんが背負って、布団たたきでたたくと布団から粉が舞うネタがあるじゃないですか。粉は問題ないと思うので粉もんのネタはやれるんじゃないですか?

 

梅垣「粉もん? うどんじゃないんですから(笑)。あのネタは客席に降りるからできないんで違った形で粉もんは考えます」

 

ーーお願いします。後はペニスケースを付けるネタはできますね。

 

すずまさ「何、ネタを選別してるんですか(笑)。あれは飛沫はないので確かにできますけど」

 

梅垣「とにかく客席に降りないでも自己完結できるネタを新しく作ったり、昔のネタを変えてみたりしようと考えてますね」

 

ーーコロナ禍でもできるネタを選んだり、作ったりするのは大変ですね。

 

梅垣「そうなんですよ。例えば『ラ・ヴィ・アン・ローズ』という曲を歌いながらお客さんの顔にサランラップを巻いて僕がお客さんにキスをするネタがあるんです。あれって飛沫は大丈夫なんですが、見ている方は『この時期にこんなことをするの?』っていうのが心理的にあると思うんですよ。『だったらやめよう』と。やっぱりお客さんがリラックスして楽しんでもらえる状況を作りたいので」

 

関連カテゴリー: