「50代で生きる楽しみを失ったら?」阿川佐和子さんに聞いた「生きるピント」
「老い」や「終活」について考えることも増えたという阿川さんに、“生きるピント”を聞きました 画像を見る

「私が仕事に追われて機嫌が悪そうだと、夫はスーッといなくなります。私が寝室に移動すると夫はスーッとリビングに、磁石の同じ極同士みたいな感じ(笑)。それで、ご飯のときだけ一緒になるんです。若い夫婦じゃないので、お互いに心地よい時間や生活のリズムができちゃってるでしょ。干渉し合わないことが秘訣ですかね」   そう話すのはタレントでエッセイストの阿川佐和...

出典元:

「女性自身」2021年7月27日・8月3日合併号,

【関連画像】

関連カテゴリー: