パラ開会式で国歌 佐藤ひらり「夢を叶えるには言い続けること」
母から被災地を応援するための曲作りを提案されて小学4年から作曲をはじめたひらりさん 画像を見る

伸びやかで、透明感のある歌声が、夜空に染み入るように、神宮の杜に響き渡っていた。   8月24日、東京・国立競技場で執り行われた東京パラリンピック開会式。式序盤、日本国旗の掲揚とともに行われた国歌独唱。その大役を務めたのが、武蔵野音大2年で、生まれつき全盲のシンガー・ソングライター、佐藤ひらりさん(20)。淡いピンク色のドレスに身を包み、両手でマイ...

出典元:

「女性自身」2021年10月19日号

【関連画像】

関連カテゴリー: