「原点は恩返し」全盲の佐藤ひらりがパラで国歌の夢を叶えるまで
「身近なテーマを歌にすることもあります」とひらりさん 画像を見る

仮死状態で生まれ、目が見えることはないと宣告された。それでも、絶望などしなかった! 保育園のピアノに触れ、指1本で演奏した。震災時は、作詞作曲した歌で多くの人々を勇気づけた。歌声は日本にとどまらず、アメリカはアポロシアターで万雷の拍手を浴びるに至った。そしてかなえた、パラリンピックでの国歌独唱の夢。佐藤ひらりさん(20)の歌は世界中の人に笑顔と力を与えた。「原点は恩返し...

出典元:

「女性自身」2021年10月19日号

【関連画像】

関連カテゴリー: