大女優の怒り、人気出ずメディアから非難…高橋洋子&藤田三保子が語る「70年代朝ドラヒロインの苦悩」
画像を見る

「母も高齢で、昨年10月に倒れて入退院を繰り返して、今はケアホームにいます。送迎のほか、持ち物全てに名前を書いたり、細々とやることがいっぱいあります」

 

函館を舞台に始まる『北の家族』(’73年4月〜’74年3月)で佐々木志津役を演じた高橋洋子(68)。昨年10月に38年ぶりに監督、脚本、主演を務めた映画『キッド哀ラック』を公開。94歳の実母との関係をベースに書いた脚本で、老いていく姉妹と母の物語だ。

 

プライベートでは一人娘も独立し、現在は夫婦水入らずに暮らす。意外にも麻雀が強いという。

 

「子供のころから父や叔母に仕込まれて賑やかな家庭で育ちました。平幹二朗さんは家に全自動卓があって、よく呼んでくれました。一度日色ともゑさんともご一緒したことが。平さんは下手なのよ(笑)」

 

朝ドラの1年間は「山あり谷あり吊り橋あり」と振り返る。

 

「初回放送の前に左幸子さんのご自宅のパーティに招かれたことがありました。ところが途中で左さんとスタッフが別室に行って『どうして一番手が高橋洋子なの? 女優の格だったら私が最初でしょう!』と声が聞こえてきて。ゾ〜ッとした出だしでした(笑)。

 

でもあるとき『セリフは覚えたら本番前に全部忘れちゃいなさい』って。気持ちを作れてないと目や表情に表れるって大事なことを教えてくれたんです。強烈でしたが、同時にすごい女優さんでした」

 

今後は「演じる場を増やす」と、49年前と同じ目の輝きだった。

 

次ページ >藤田三保子は膠原病闘病を経て俳句の先生に

出典元:

「女性自身」2022年1月18日・1月25日合併号

【関連画像】

関連カテゴリー: