“LAメタル復活!?”スティール・パンサー 爆笑インタビュー!!

image

「ようやく時代が俺たちに追いついたのさ!」(マイケル)

  そう豪語するのは、活動20年目にしてようやく本格デビューに漕ぎつけた、LA出身4人組へヴィー・メタルバンドのスティール・パンサー。実は彼らとの出会いは、昨年のちょうど今頃。場所はラスベガスのメインストリートから車で約20分ほど離れたところにある“グリーン・ヴァレー・ランチ”というホテル。そこで1枚のとっても怪しげなポスターを発見!毎週金曜日、ホテル内にある“オヴェーション”という場所でライブをやっているという告知。「誰だろうこの人たち?80年代に一世風靡したどこかのメタルバンドのようだけど、スティール・パンサー?聞いたことない名前だし・・・でも大きく髪を膨らませて、スプレーでガンガンに固めたこの“ヘア・メタル”の生き証人たち、なんだか気になる!」。そう思って撮っておいたのが左の写真。頭から離れなくなり、ある時ハリウッド在住のカメラマンさんに尋ねてみたところ「ハハッハ!このバンドはね、昔は“メタル・スクール”といって活動していたバンドで、この辺で知らない人はいないよ!毎週月曜日にはサンセット・ストリップにある『The Key Club』に出演しているよ!」との情報が。

それからまた年を越え2009年夏、ラジオから聴こえてきたのは“スティール・パンサー”の名前!あれ?もしかしてあの時の彼ら?なんと日本デビューが決まり、プロモーションで来日するというではないか!

「まわりはどんなに変わっても、俺たちは迷わず、ブレずにずっと現役のままこのスタイルを続けて来たんだ」(サッチェル )。

ようやく夢が叶ってこのたび日本へやって来ることとなった彼らに、ポスターを観て衝撃を受けて以来気になっていた4人の存在を確認するべく、ユニバーサル ミュージック様のご協力のもと、再会(?)を果たすこととなりました。

しかし、まさかこんなにおかしな人たちだったとは・・・・・(笑)。

Img_0147_2

マイケル あのポスター?あれは古いバージョンだな。サッチェルの髪がちょっと今とは違うだろ。

ロミヒー そうですね。良く見ると、着てらっしゃるTシャツに前身の“メタル・スクール”の文字が見えますもん。

マイケル だろ?今の方がクールだぜ!

ロミヒー この度は日本デビュー、おめでとうございます。昨日日本へ到着したばかりということですが、時差ボケは解消されました?

スティクス NO~

全員 NO~

サッチェル かわいい女の子と一緒に今すぐにでも眠りたいよ~!

スティクス 時差ボケはしばらく解消されないと思うけど、日本の来られたことにとにかくみんな興奮しているから寝てなんかいられないよ!アドレナリン出まくりだよ!

 

ロミヒー 到着したばかりでゆっくり観光といったところではないと思いますが、初来日(4分の3人)の印象はいかがですか?

Img_0163_2

レクシー 俺にとっては初めての日本だけど、みんなフレンドリーで、女の子たちはみんなかわいいし、すっごく楽しんでるよ!

スティクス 食いもんもうまいし、もっともっと日本を観て周りたいよ!アサヒビール最高だね!

ロミヒー その今おっしゃったビールですが、みなさん、連日“パーティーオールナイト”三昧でビールにロックンロールにとお忙しいようですが、体力の面はどうキープされてます?ストレスのコントロールなどは?

スティクス パーティーするには体力がいるし、体力をつけるためにはパーティーが必要なんだ。そこんとこわかる?

 ロミヒー あっ、はい。

サッチェル 俺は、時々ジムに行って、そこで違法な薬物を・・・(笑)

全員 ハハハ・・・

ロミヒー さらにエネルギーが蓄えられるということですね(笑)

サッチェル Oh!Yeah! ちょっと冗談だよ!

ロミヒー 新作についてお尋ねします。デビューアルバムは20年かけて制作されたということで宜しいんでしょうか?コンセプトはずばり?Img_0130

サッチェル 特にねぇ~けど、これだけクオリティーの良いアルバムを作るためには20年かかっちゃったわけよ!

ロミヒー つまり渾身の1枚なんですね。昨晩ラジオに出演されて、アコースティックライブを演られてましたね。とても素晴らしかったです!やはりキャリアが長くいらっしゃるだけありますね(笑)

全員 サンキュー!

マイケル 俺の声大丈夫だった?ちゃんと出てた?

ロミヒー まったく問題ありませんでしたよ。

マイケル それだけは凄く心配だったんだ。でも歌い出したら、良い感じでそのあともずっと調子よかったんだけどね。

ロミヒー ところで、突然ですが日本の女性は欧米の女性に比べたらまだまだシャイな部分がありますが、もっとオープンでセクシーな女性になるためにはどうしたらいいでしょうか?

 

スティクス SEX!

ロミヒー たぶんそう言うんじゃないかと、半分期待してましたが(笑)。Img_0139

スティクス アジアの女性はシャイな子が多いけど、シャイだからセクシーじゃないってことはないぜ!十分みんなセクシーだぜ!例えば俺たちみたいな男がほしいと思ったら、遠慮なく「アイ ウォント ユー」って向かってけ!OK?はい次の質問は何だい?

ロミヒー では今度は日本の男子について。今日本では草食系、肉食系という言葉がはやっていまして、みなさんは拝見するからに肉食系(レクシ―さんは草食系かな?)ですが、恋にも人生にも何事にも憶病になってしまっている草食系男子に対して熱いお言葉をいただけますか?(笑)

スティクス さっき、ビジュアル系バンドの写真を観たんだけど、男か女かさっぱりわからなかったもんな~。

サッチェル じゃ、俺から言おう!まずジムへ行け!それから鍛えまくってプロテインを摂取し“スティール・パンサー”の音楽を聴け!

スティクス マシーンで筋肉付けてよ~、ステロイドがいいぜ!

ロミヒー フィジカル面ではどうですか?

マイケル とにかくたくさんSEXすれば内面も鍛えられるぜ。

スティクス 奥さんじゃない誰かとな(フフフ)

サッチェル もう一丁、俺なら、キャンプにいって山を登り、木を切り倒して、この長いヘアを後ろに結んで、熊と闘って鍛えるぜ!みんなもそうしろ!

ロミヒー 貴重なアドバイス有難うございました(笑)。ところで、アメリカでは毎週『The Key Club』という有名なライブハウスに出られて、毎度大盛況という噂を聞きました。観に来るゲストをステージに上げて飛び入りで歌わせるそうですが、これまでに特に印象に残っているゲストは誰でしょう?またここだけ話、コイツは・・・というゲストはいましたか?

サッチェル “ハリウッド・アンデッド”はアルバムを聞くより全然ライブの方か上手いんだぜ!それからキップ・ウィンガーはもう65歳(注:嘘です)だけど、やつの声は最高だったぜ。

マイケル それから“ジャーニー”と「Don’t Stop Believin’」って曲をこの前やったけど、あのフィリピン人の新しいボーカル(注:アルネル・ピネダ)、俺と同じくらい上手かったぜ(笑)

Img_0130ロミヒー へぇ~聞いみたかったです~。ところで今度は10月の『ラウドパーク』(メタルの祭典、出演は17日土曜日)で来日されることが決まったそうですが、どんな感じになりそうですか?ファンは何を期待していたら良いでしょうか?

サッチェル オリジナルに焦点をあてて演る予定だからみんな予習しとけ!だけどオリジナルの曲演って、もし何かオーディエンスからモノ投げつけられたら、みんなの知ってるカバー曲に変えてやるからさ、許してくれ~!

マイケル お願いだから何も投げないでくれよ~!

コミックバンド?かと間違えるようなお笑い回答の数々とは裏腹に、キャリアの長い彼らの演奏はピカイチ!メロディアスでキャッチ―で、これまたどこかで聴いたことあるような曲もあって、一度聴いたら耳から離れない楽曲のオンパレード!“ヘビメタ”の境地に足を踏み入れたくなったあなた、是非一度“鋼鉄の女豹”をお試しあれ!

※次回はスティール・パンサーライブレポートin HOLLYWOOD at The Key Clubをお届けします。お楽しみに!

【撮影:永田理恵(女性自身編集部)】

フォトセッションこぼれ話

image

「竹下通り入り口で撮りましょう!」
レコード会社の担当者さんと打ち合わせ、バンから素早く降りての撮影開始。日曜日の午後の竹下通りはやっぱり凄い人の数。とっても目立つ彼らの回りは、あっという間に人だかりが。それもまた嬉しそうに横目でみながら、ポーズを変えて、サービスショットの連発で、ノリノリで協力してくれました!どの写真もキメてます(笑)。

プロフィル

すてぃーる・ぱんさー★アメリカ ロサンゼルス出身。マイケル・スター(ボーカル)、サッチェル(ギター)、スティクス・ザディ二ア(ドラム)、レクシー・フォックス(ベース)の4人組みへヴィー・メタルバンド。‘88年頃から活動を開始し、20年越しでようやくメジャーデビューを果たした。地元ハリウッドにある老舗ライブハウス『The Key Club』で毎週月曜に行われるライブは、常時大盛況でソールド・アウト状態に。次回は『LOUD PARK 09』に出演のため、10月に再来日予定。

 

LOUD PARK 09

 

image

10/17(土)&(18)日@幕張メッセ9・10・11ホール
【open】 10:00 / 【start】 11:00
【チケット代】
2日通し券/25,000(税込/立見/別途1ドリンク代)
1日券(立見)/13,500(税込/立見/別途1ドリンク代)
1日券(指定席)/16,000(税込/全席指定/別途1ドリンク代)
【チケット発売日】 各プレイガイドにて 発売中
総合問い合わせ:LOUD PARK事務局 0180-993-040(24時間テープ対応/一部携帯電話・PHS不可)

★スティール・パンサー直筆サイン入りフォトカードを4名様にプレゼント★

■応募方法:下記をクリックし、御応募ください。またこちらのサイトへのご感想もお待ちしております!

■締め切り:2009年10月31日(土)

■当選発表:当選された方には、折り返し当選メールを差し上げます。たくさんのご応募お待ちしております!

>>ご応募はこちら

P6045_l

P6045_l

 

 

『スティール・パンサー/鋼鉄の女豹』

【CD】価格 /2,500(税込み)

ユニバーサル ミュージックより発売中