image

Radar Online

テイラー・スウィフトが若干23歳にしてハリウッドの“Biggest Tippers(高額チップをはずむ人々)”の仲間入りをしたと話題になっている。Radar Onlineが独自に報じた。

フィラデルフィアにあるリンカーン・フィナンシャル・フィールドでのライヴを終えたスウィフトは、18人のツアースタッフに加え、友人のオースティン・マホーン、エド・シーランと共にイタリアンレストランに入店。そして、総勢21人分、800ドル(約8万円)の勘定をすべて持ち、それとは別に500ドル(約5万円)ものチップを置いていったという。米国でのチップの相場は、料金の15〜20%であることを考えると、かなりの大盤振る舞いだ。

当然ながら、店の支配人は「テイラーはとても素晴らしい人です」とほくほく顔だ。「一行は食べたいものをそれぞれオーダーしていました。テイラーはチキンのパルミジャーノ焼きを食べていましたね。すごく低姿勢で、私たちもとっても素敵な時間を過ごさせてもらいました」とこれ以上ない好印象を残した様子。

翌日にはフィラデルフィア小児病院を慰問し、入院する子どもたちを励ましたという。さすがは昨年の慈悲深いセレブランキング1位のスウィフトだ。

ナイトクラブで一晩に25万ドル使い、5万ドルのチップを払ったジェイ・Zのような規格外の富豪もいれば、億万長者でありながらチップをわずかしか置かないことで知られるマドンナのような“節約家”もいる。「セレブ」と一口に言っても財布の紐は人それぞれである。