image

Aaron Poole / (C)A.M.P.A.S.

 

ソマリア出身で、俳優デビュー前はリムジンの運転手をして生活していたアブディには、『キャプテン〜』で65,000ドル(約665万円)のギャランティが支払われた。ちなみにこの作品は米国内で2億1,800万ドル(約223億円)の興行収入を稼ぎ出している。英国アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、映画俳優協会賞といった名だたる映画賞に次々ノミネートされたが、賞レースの期間中はロサンゼルスに逗留しなければならないため、友達にすぐに送ってもらえるように空港近くの安宿に泊まっていたとか。そして、受賞式に着る服はローンであつらえたという。Peopleによると、この支払いに今もなお四苦八苦しているそうだ。オスカーノミニーともなれば制作会社が便宜を図ってくれそうなものだが、そのあたりは意外とドライなのかもしれない。

俳優業に本腰を入れるため、それまでの仕事は辞めてロサンゼルスへの移住を予定しているアブディ。現在は南アフリカ出身のランナー、ウィリー・ムトロを描く『The Place That Hits the Sun(原題)』への出演交渉に入っているという。

関連タグ: