image

イスタンブールのZARA

(写真:AP/アフロ)

 

トルコ・イスタンブールにあるZARAの店舗で買い物をした客が、商品に見慣れないタグが付いていることに気がついた。そこには、こう書いてあった。

 

「私はあなたが買おうとしているこのアイテムを作りましたが、賃金を払ってもらえません」

 

この従業員はBravoという派遣会社に雇われ、ZARAの工場で働いているという。BravoはZARAの他にも、MANGOやNEXTなどのファストファッションメーカーに労働力を供給していたが、先日倒産している。派遣された労働者たちはなし崩し的にそのまま働かされ、給料が支払われぬままの状態が数カ月も続いているとか。

 

ZARAの親会社であるスペインのインディテックスは過日、国際労働機関と共に、アパレル業界における労働者の労働条件改善に注力する、というプレスリリースを出したばかり。しかも、ターゲットは中国とトルコの工場と明記されていた。

 

この件に関して、複数のメディアがインディテックスにコメントを求めているが、未だ返答はない。

関連タグ: