ラッセル・クロウが監督デビューを果たすようだ。ラッセルは新作『ザ・ウォーター・ディバイナー』で初の長編監督を務める予定で、さらには出演も果たすと今回デッドラインが伝えている。1919年を舞台に、第1次世界大戦中のガリポリの戦いで行方不明になった息子2人を捜しにトルコにやって来たオーストラリア人の姿を描く作品だ。

 

アンドリュー・ナイトとアンドリュー・アナスタシオスが脚本を手掛けた本作は、ラッセルの出身地であるオーストラリアとトルコの両方で撮影が行われるという。また、ホップスコッチ・フィーチャーズのトロイ・ラムとアンドリュー・メイソンが、フィアー・オブ・ゴッド・フィルムズのキース・ロジャーと共同でプロデュースを担当する見込みだ。

 

ラッセルの最新作はヘンリー・カヴィルがスーパーマンに扮した『マン・オブ・スティール』で、スーパーマンの実の父親ジョー=エルを演じている。日本公開を8月30日 に控えている同作だが、海外ではすでに先週14日(金)から封切られていて、すでに全世界で2億ドル(約190億円)の興行収入を獲得している。

 

そんなラッセルの次回作はダーレン・アロノフスキー監督が聖書に登場する「ノアの方舟」の映画化に挑戦する『ノア』となり、ジェニファー・コネリーやアンソニー・ホプキンス、エマ・ワトソン、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブースなど新人からベテランまで話題のスター達が豪華競演を果たすことになっている。

関連タグ: