image

11月20日(水)にセカンド・アルバム『シャングリ・ラ』をリリースする新世紀のロックン・ロール・ヒーロージェイク・バグが、本国UKのアルバム発売日である11月18日(月)に行われるデンマークのコペンハーゲンのライヴをRO69の「セカンド・アルバム『シャングリ・ラ』リリース記念特集」の第1弾として日本において独占生中継することが明らかとなった



デビュー前に、ザ・ストーン・ローゼズのシークレット・ギグでオープニングをつとめ、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズのオープニング・アクトを務めるなどし、注目を浴び、2012年(国内盤は2013年初頭)にリリースされたデビュー・アルバム『ジェイク・バグ』は全英アルバム・チャートにおいてソロ男性アーティストのデビュー・アルバム1位獲得最年少となるなど、久しぶりに登場したワーキング・クラス・ヒーローの登場は英国を大いに沸かせた。

そんな中、5月の初来日公演は即完売、そしてSummer Sonic2013においても圧巻のパフォーマンスを見せつけたジェイク・バグは、ここ日本でも大きな支持をあつめている。



デビュー作『ジェイク・バグ』では鋭い視線で自身が生まれたノッティンガムの街、そしてその境遇について「スピードバンプだらけの町から抜け出せず そこで唯一、思い浮かべて心が躍るのは ここか ら脱出するってこと 頭上にそびえ立つ高層公営アパート 手元にあるのは生活保護やら失業保険の給付金だけ 切り詰めたって、それだけじゃとても暮らせない」と歌って来たジェ イク・バグ。

2012年は世界へと大きく羽ばたき、世界中をツアーしてきた。大きく境遇が変わった曲作りに関してジェイクは下記のように語っている。

「ツアー中の曲作りは、地元にいる時に書くのとはちょっと違う。例えばファースト・アルバムの曲は、自分がまだ地元から出たことのない頃に書き溜めていた曲で、それまでに地元の中で見聞きしたり経験したりしてきたことが題材になっていた。今作の場合、この1年の間に俺の身にはありとあらゆることが起きた。そして地元に戻る度に、そういった色んなことを異なる視点から見れるのが面白いんだ。だから今回は外側から内側をのぞき込むような感じになっていて、そこが前作とは異なっている。 」



今回、生中継が決まったコペンハーゲン/Vegaで行われるコンサートは、11月20日にリリースを迎える彼のアルバム『シャングリ・ラ』からのハイライトと言える楽曲も披露される予定で、全世界が同時に体験することができる素晴らしい機会になるに違いない。当日はデンマーク時間の11月18日(月)の21時にライヴがスタートする予定となっており、日本時間では11月19日(火)午前5時からライヴストリーミングが行われる。





□ストリーミング・ページはこちらから。

http://ro69.jp/feat/jakebugg201311

(※11月19日(火)午前4時オープン予定)



□セカンド・アルバム『シャングリ・ラ』からのミュージック・デオはこちらから。 

“What Doesn’t Kill You”

http://www.youtube.com/watch?v=bxjZbFpBpbE



“Slumville Sunrise”

http://www.youtube.com/watch?v=p4wTRbW0aos



□アルバム『シャングリ・ラ』の詳細は以下の通り。



ジェイク・バグ 『シャングリ・ラ』

UICR-1111 / 11月20日発売

1. THERE’S A BEAST AND WE ALL FEED IT

2. SLUMVILLE SUNRISE

3. WHAT DOESN’T KILL YOU

4. ME AND YOU

5. MESSED UP KIDS

6. A SONG ABOUT LOVE

7. ALL YOUR REASONS

8. KINGPIN

9. KITCHEN TABLE

10. PINE TREES

11. SIMPLE PLEASURES

12. STORM PASSES AWAY

日本盤にはシークレット・トラックとして「チェンジ・イン・ジ・エア」が収録。



デジタルリリース情報

iTunesで『シャングリ・ラ』を予約すると、「スラムヴィル・サンライズ」をその場でダウンロードできます。

予約はこちらhttps://itunes.apple.com/jp/album/shangri-la/id723324257