(写真:ロイター/アフロ)

 

俳優のケヴィン・スペイシーが強制わいせつの容疑で追訴され、来年1月に罪状認否で召喚されることが決まった。2016年7月にマサチューセッツ州ナンタケットのバーで、スペイシーがバーテンダーの男性(18)の下半身を触るなどしたとされているが、同州の警察当局によると、この犯行の一部を収めたビデオが存在するという。

 

CBS NEWSによると原告の男性はスペイシーに言い寄られているとき、恋人の女性にその旨をメールで知らせた。しかし、彼女が信じようとしなかったため、男性は事実であると証明しようとスペイシーの手がズボンの正面を触っている様子をSnapchatで撮影し、送信したという。Snapchatの動画は閲覧後自動的に消去される仕組みだが、保存しておく方法もある。

 

法廷では証拠してこのビデオが上映されることになりそうだ。