ケヴィン・スペイシーが初出廷 強制わいせつ容疑で無罪を主張
裁判所の入り口で報道陣に囲まれるケヴィン・スペイシー(写真:ロイター/アフロ)

米国時間7日、俳優のケヴィン・スペイシー(59)が2年前にマサチューセッツ州ナンタケットのバーでバーテンダーの男性の下半身を触った強制わいせつ容疑の罪状認否で初出廷した。“初舞台”の場で、スペイシーは容疑を否認し、無罪を主張した。   被害を訴えている男性は、シフトが終わった後に個人的にスペイシーと談笑し、酒をおごってもらっていたという。そのうち、スペイシーは...

関連カテゴリー: