ポール・マッカートニー 中国市場での動物取引“撤廃“を提案
マッカートニーは英サセックス、妻ナンシー・シュヴェルは米ニューヨークで離ればなれの生活を送っている(写真:Backgrid/アフロ)

新型コロナウイルスの発生源と目されている中国の生鮮市場。一般的な生鮮食品や食肉のみならず、犬や猫、様々な野生動物が食用として取引され、2003年に大流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)もこういった市場で扱われたハクビシンという哺乳類に端を発している。中国当局は野生動物の取引と消費を禁じているが、遵守されていないのが現状だ。

 

14日、ポール・マッカートニーがラジオ番組に電話出演し、中国の動物市場を撤廃させる呼びかけを始めようと提案した。

 

ニューヨークから出ることのできない妻と別居状態だというマッカートニー。ラジオパーソナリティのハワード・スターンから、新型コロナウイルス発生の元凶とされている中国の動物市場について水を向けられると、「中国政府が『よしわかった、市場は徹底的に清潔にしよう』と言ってくれるのを心底願っているよ。現実を直視するべきだ。コウモリを食べるのはちょっと前時代的だよ」とコメントした。

 

さらに同番組では、スターンが「市場を閉鎖しようとはしないだろうね。そもそも、その市場のせいでこんなトラブルに巻き込まれちまったっていうのに。信じられないよな」と不平を漏らすと「市場が唯一の原因だというなら、責められても仕方ないだろう。SARS、鳥インフルエンザ、その他もろもろの病気に僕らは悩まされ続けている。彼らのこの中世的な習慣のためにね。市場の人たちは、自分たちの行動を今こそ正す必要がある。そうすればきっと何かが変わるはずだよ」と、市場の関係者に猛省を促した。

 

動物愛護活動家でもあるマッカートニーは、市場撤廃の請願についても言及。

 

「(市場撤廃は)すごく意味があるだろうね。そこで行われていること、そこから外に出て行くものの中にはひどく不衛生なものがあるはず。まるで原爆だよ。全世界に影響を与えるんだから」としながらも、市場とその文化の“伝統”についても理解を示した。

 

「『これまでずっとこうやってきたんだ』『これが私たちのやり方だ』という声が出るのも理解している。でも、奴隷制度だってずっと行われてきたけど、今はないでしょ? 変化を起こすべき時が来ているんだよ」

関連カテゴリー: