バッハ会長「父さんはどれくらい生きれるの?」悲痛すぎる少年時代
フェンシングの西ドイツ代表として活躍したバッハ氏。モントリオール五輪では金メダルを獲得(写真:アフロ) 画像を見る

「物心ついたときから、“父さんはあと、どれくらい生きていられるの?”という疑問がありました。ベッドのわきに酸素ボンベが常に置いてあって、夜に父が発作を起こすと、母がいつも酸素吸入させるのです。そして病院に行き、帰ってくる。こんな生活が、1968年に父が亡くなるまで続きました」   自らの幼少期をドイツの日刊紙「ビルト」にこう振り返っていたのは、IO...

出典元:

「女性自身」2021年7月20日号,

【関連画像】

関連カテゴリー: