バッハ会長は資産400億円「スポーツをカネに換える錬金術」
2013年、IOC新会長に選ばれ、妻のクラウディアさんから祝福されるバッハ会長。“スポーツ官僚”の最高の地位についた瞬間だった。目には涙が(写真:Alexander Hassenstein /Getty Images) 画像を見る

14歳で父を亡くすという不幸に見舞われながらも、フェンシングの西ドイツ代表として、1976年のモントリオール五輪のフルーレ団体で見事金メダルを獲得したトーマス・バッハ氏。現在、IOC会長として”ぼったくり男爵”と呼ばれる彼が、その異名通りの活躍をするのは、“アスリート後”の人生においてだった。   ■アディダスで始まった出世街道  ...

出典元:

「女性自身」2021年7月20日号,

【関連画像】

関連カテゴリー: