4月5日、Girl’s Dayが東京でファンミーティングを開催。昼公演と夜公演の合間に記者会見を行った。

 

Girl’s Dayは2010年に韓国でデビュー。その後『女性大統領』や『Expectation』でセクシーなパフォーマンスで注目を浴び、2014年にリリースした『Something』ではデビュー後初めて音楽順位番組で1位を達成するなど、韓国で最もHOTなガールズグループである。

 

すでに昼公演を成功させた彼女たちは「久しぶりに日本のみなさんに会えてうれしい!夜公演も頑張ります!」と手応えを感じている様子。

 

『Something』で1位に輝いたときの感想を聞かれると、ユラは「実感がなかった。とてもびっくりして涙がでました」と振り返った。他のメンバーも当時を思い出したのか感慨深そうな表情を浮かべていた。

 

4月ということもあり、話題はお花見へ。日本の桜については「ジャケット撮影のときに見ましたが本当に綺麗でした!今度はゆっくり来たいです」とコメント。日本滞在中も多忙なスケジュールをこなすGirl’s Dayだが、日本の春を楽しんでいるようだ。

 

デビュー当時はキュートなイメージだった彼女たちだが、今ではKPOPイチ、セクシーでカッコイイ女性へと変身を遂げた。どちらのスタイルがGirl’s Dayらしいかという記者からの質問に「可愛いもセクシーも純粋も全部!」と自信満々に答え、「日本でゲリライベントをやってみたい!」(ミナ)と更なる意欲を見せた。