image

少女時代がコンサートや新曲リリースのために一日の摂取カロリーを1500Kcalに制限するダイエットは、すでに有名なエピソードだ。このほかにも、韓国アイドルのストイックな体型管理エピソードは後を絶たない。最近も、SISTARのソユが1ヵ月で8kgの減量した方法を明かし、話題を呼んでいる。

 

SISTARといえば、ほかのグループに比べ、健康的なスタイルで男女問わず高い人気を得ている。ソユは、『Get It Beauty 2015』に講師として出演し、一般女性たちへ講義を行った。

 

彼女は「デビューから1年間で3枚、アルバムをリリースした。忙しさからストレスが溜まり、それを解消する方法が食べることだった」と明かし、「でも、いくら食べても満たされなくてつらい思いをした。その後の休暇期に、イメージを変えようとダイエットを決心した」と語った。

 

「とにかく運動をして、とにかく食べなかった」と話すソユのダイエットメニューは、一日約10時間以上、体を動かし、口にするのは黄身を抜いたうずらの卵4つと牛乳一杯だけ。これを一ヶ月間続けたという。想像を絶する過酷さに、聴講している女性たちも驚きを隠せない。

 

ソユも、自身の経験を振り返り「めまいを起こした。健康を維持できないなら、それはダイエットではなく体を壊すこと。“芸能人がやっているから”と真似するよりも、自分にあった方法を見つけることが大切です」と過度なダイエットに警鐘を鳴らした。

 

SISTAR以外にも、あるガールズグループが、2人前のおかゆを5人で分け合う姿を公開し、大きな注目を引いた。ステージで輝く彼女たちの笑顔の裏には、血と涙の努力があったのだ――。