U-KISSのリーダー、スヒョン(26)が1月27日に放送されたテレビ東京系『THE カラオケ☆バトル』(テレビ東京系 水曜よる6時57分~)に出演。残念ながら予選通過ならずだったが、放送では95.981点をマーク。K☆STAR LOVERSは、収録に向け猛練習するスヒョンに密着取材を行った。

 

1月某日、都内のカラオケ店に向かうと、番組スタッフや関係者らに囲まれたスヒョンがいた。自身のソロ曲を披露したり、笑い混じりに雑談を交わすなどリラックスした雰囲気だったが、練習がスタートすると空気は一変。遠慮無しの辛口アドバイスが飛び交う“ガチ特訓”が始まった。

 

グループ内でもメインボーカルとして抜群の歌唱力を誇り、昨年には日本でソロデビューをしているスヒョン。声量いっぱいに堂々と歌い上げるも、その表情は固かった。

 

採点画面が表示されると、番組内でも公開していたノートにメモをとっていく。プロの歌手だからこそ、機械を相手に歌うことが難しいようだ。スタッフたちは、勝ってほしいという思いから、「強弱をもっとつけて・・・」「最初の音が遅れる」「息継ぎの音を抑えてみるのは?」と厳しく分析する。

 

スヒョンも一生懸命応え、何度も繰り返し歌いこんだ。しかし、なかなか伸びない点数に「つらい・・・」と本音を漏らす場面もあった。

 

練習後のスヒョンに『道』を選んだ理由をたずねた。

「はじめてU-KISSが日本武道館でライブをしたときに、この曲をカバーしたんです。そのときの思いをもう一度感じたくで選びました」とスヒョン。

 

結果は惜しくも予選敗退だったが、スヒョンの美声に共演者たちも驚きの表情を浮かべていた。

image

https://youtu.be/SOBj-lwMutM

(動画/Bravoworks,inc.)

関連タグ: