12月12日、SUPERNOVAのユナク(34)が「2018FNS歌謡祭」第2夜に出演。ミュージカル『プリシラ』のパフォーマンスを披露し、「誰か分からない」「ガタイが良すぎる」などの理由から検索数が増加。Yahoo!トレンドランキングに加え、Twitterのトレンドランキング共に1位になり話題となった。

 

『プリシラ』は、3人のドラァグクイーンのドタバタ珍道中を描いたオーストラリア映画(1994年公開)を原作に、世界15か国以上で上演されてきた人気ミュージカル。

 

同番組でユナクは「ミュージカルメドレー」部門に、19年3月公開予定ミュージカル『プリシラ』で共演する山崎育三郎(32)や陣内孝則(60)と出演。華やかなドラッグクイーン姿に身を包み、登場した。

 

ユナクはピンクやブルーの色鮮やかなノースリーブのミニワンピース姿。目の幅を大幅に超えたアイシャドウとつけまつ毛をつけ、華やかなドラッグクイーン姿に身を包み登場した。

 

ユナクは番組出演終了後にInstagramを更新し、「FNS歌謡祭 に ミュージカル プリシラ で出演させて頂きました」と報告。「凄く、楽しかったし、今までやったことないメーク を オナンさん にやってもらい 楽しかったです」とミス・アンダースタンティング役で出演し、自身もドラッグクイーンのオナン・スペルマーメイドがメークを担当したと明かした。

 

番組を見ていたファンや視聴者は「ユナク びっくりしたけど良かった! 可愛かった!」「ユナク…。 ちょっと衝撃受けたんですけど…。」「ユナクの原型ない」「まって!! ユナク!?」と驚きのコメントが相次いだ、また「可愛い衣装だった~♪ けどめちゃめちゃたくましい!!」「ユナクってこんなムキムキだったっけ?」「ユナク久々に見た 笑 ガタイよすぎん?」とユナクのスタイルにも注目が集まった。