ジェジュン 誕生日イベントでファン魅了、嵐について言及も

韓国歌手のジェジュン(33)が1月28日、千葉・幕張メッセにて自身のバースデーイベントを開催。4月10日に日本初のソロアルバム『Flawless Love』を発売することを発表した。

 

「日本語でのアルバムを出して欲しいという声があったので、やっと願いをかなえてあげることができました」

 

イベント前の会見で、そう喜びを語ったジェジュン。英語で“完璧な愛”を意味するアルバムに込められた思いは、「どきどき、わくわくするような愛から、恋人同士が別れた後の寂しい気持ちまでさまざまな愛が込められた1枚になっています。いろんな愛を知って、愛に対して深くなる自分を見つけられるようにと考え、このタイトルになりました」と語った。

 

本作の聴きどころは「ロックテイストの曲からポップ、R&B、ダンス曲までさまざまなジャンルが入っています。自分で作詞した曲も数曲あります」とPR。33歳になって挑戦してみたいことをたずねられると、この5年ほど全く踊ってなかったことを挙げ、「アルバムにダンス曲が入っているので久しぶりに踊ることになりそうです。うまく踊れるかどうかわかりませんが、必死に踊りたいと思います(笑)」と抱負を。

1月26日の誕生日は日本で過ごしたことを明かしたジェジュン。33歳なった心境は「僕、いつもファンのみなさんに『23歳です』って嘘をついています(笑)。気持ちはまだ23歳で止まっているから」と冗談を。若さを保つ秘訣については次のように続けた。「栄養剤を飲んだり、美容器具を使ったり。家で頑張って管理していますが、いちばん大切なのは気持ちです。『まだ、俺は若い! 20代だ!って』って呪文をかけるんです(笑)」

 

またこの日、アルバムが発売される4月10日から名古屋を皮切りに全国6都市をめぐるアリーナツアーをスタートさせることも発表。「昨年のツアーでも行かなかった初めての場所でもライブをやれることになって、遠くのファンのみなさまにお会いできるのがうれしい」と意欲を見せた。

 

会見の最後では、日本のアイドルグループ嵐が活動休止を発表したことについての感想をたずねられ、「ニュースを見て驚いた」とジェジュン。

 

「僕自身、大好きな先輩のグループですし、まさか、と。20年という長い時間や大切なファンのことを考えたら、そこまでの結論を出すのは本当に難しかったと思います。ただ、会見を見ていて思ったことは、嵐のみなさんはメンバー一人ひとりの考えをとても尊重しているんだなあ、と。そして、メンバー全員の考えがそこまで揃ったということ自体、ある意味、かっこいいなあと思いました。メンバー同士の友情や絆がすごく深いんだって。でも、解散じゃないですから。いつの日か、悲しがっているたくさんのファンの前に戻ってくるのを祈っています」

幕張メッセのイベントホールで行われたバースデーイベントには、全国から6,500人のファンが集結。昨年2月に日本で活動を再開してからの1年を振り返り、「いろいろな活動ができたのは、応援してくださるみなさんがいたおかげ。一人じゃとてもムリだ、と。ジェジュンって本当に愛されているんだな、と実感した1年でした」と感謝の意を表したジェジュン。

 

ファンからの質問コーナーでは、「最近できることになったことは?」という質問に対して、最近5キロ太ったことを告白。「以前は食べても太らなかったのに、最近は食べたら肉になる」と話し、できるようになったことを「自分を太らせることができるようになったこと。次の日に撮影があっても食べられるようになった」と答え、会場の笑いを誘った。

 

さらに、バースデーケーキが登場すると、「大きいですね。イチゴがたくさん。とてもうれしい」と微笑んだジェジュン。司会者の提案で、会場のファンが手にするペンライトをろうそくの火に見立てて吹き消すことに。ジェジュンの「フゥ~」の声に合わせて約7千本の赤いろうそくが順番に消えていく様子はじつに感動的!

トークコーナーの最後は、ファンへの贈るものとして手紙を朗読するジェジュン。「めっちゃ恥ずかしい」と読むのをためらいつつも、達者な日本語でファンへの愛を伝えた。

 

「新しい年になりましたね。1月は僕の誕生日の月でもあるし、またこうしてみなさんに会えてわくわくしています。僕の活躍を自分のことのように喜び、僕が辛いときもいつも僕のために応援してくれるファンのみなさん。そんな大切なみなさんのおかげで、僕の人生はとても恵まれているなあと思います。日本で再始動してから1年が過ぎました。想像していたよりもたくさんの雑誌や音楽番組、そしてバラエティ番組に出演することができました。日本でCDを発売し、ツアーを2回もやって日本全国を回ることができました。うれしいことばかりですね。そういう素敵なできごとにはいつもみなさんが一緒にいてくれました。僕も、ファンのみなさんが大変なときや辛いときは力になってあげられる、そんな存在になっていけたらうれしいと思います。これからもずっと僕を見守ってください。僕もみなさんのことをずっと見守って行きたいです。新しい歌手が次々と現れるこの時代、変わらず僕を応援してくれるみなさんはもう、奇跡の存在としか言いようがありません。泣いてるね?(笑)。これからも一所懸命と努力し、みなさんに愛されるジェジュンになります。みなさんありがとうございます。そして愛してます」

 

ライブコーナーは、「歌手のジェジュンが戻ってきました!」とセクシーな衣装で登場。ライブの定番曲や昨年リリースしたシングル『Defiance』、日本の名曲のカバーなど全10曲を熱唱した。

関連カテゴリー: