BTS上場で1人19億円!成り上がりにあった月3万円極貧時代
デビューから7年で大人気グループとなったBTS(写真:アフロ) 画像を見る

「事務所代表であるパン・シヒョク氏(48)の保有する株式は、上場によって3兆6千800億ウォン(約3千400億円)以上にまで高騰しました。

 

これは一夜にして、ヒュンダイ自動車グループの名誉会長に次ぐ韓国6位の大富豪となったことを意味します。それだけ、BTSの勢いがすさまじいということでしょう」(韓国芸能関係者)

 

7人組男性音楽グループ・BTS(防弾少年団)の所属する芸能事務所「ビッグヒットエンターテインメント」が10月15日、韓国取引所に上場を果たした。

 

1株27万ウォン(約2万5千円)の初値をつけ、時価総額は一時11兆8千800億ウォン(約1兆900億円)を記録。その後は午後に株価が下落したものの、鮮烈な株式市場デビューを飾ることとなった。

 

「事務所の設立は’05年。代表のパン氏は過去のインタビューで『当初は仕事がなくて破産しそうになった』と語っていたこともありました。

 

しかし、それから15年のうちに急成長。昨年の営業利益は、すでに韓国大手芸能事務所3社の合計を上回っていたと報じられています。そして、その売り上げの9割をBTSが稼ぎ出しているのです」(前出・韓国芸能関係者)

 

リーダーのRM(26)をはじめ、JIN(27)、SUGA(27)、J-HOPE(26)など実力派がそろったグループ。そしてJIMIN(25)、V(24)、JUNG KOOK(23)らは特に女性ファンから絶大な支持を得ている。

 

いまや世界的なヒットメーカーとなったBTS。だがその道のりは、決して順風満帆とはいえなかった――。

 

次ページ >「三流」「弱小アイドル」と批判されたことも

関連カテゴリー: