キム・スヒョンは1話2億ウォン!韓国俳優ギャラランキング
『愛の不時着』で人気を不動のものにしたヒョン・ビンとソン・イェジン(写真:時事通信) 画像を見る

「ドラマ出演料は年々高額化しています。男性俳優のネームバリューにより海外への版権が売れることが多いので、男性俳優の出演料は特に高くなります。1話あたり1億ウォン(920万円)以上は“超一流スターの証明”といってよいと思います」(韓国芸能プロダクションWAYSカンパニー代表のパク・ジョンウォン氏)

 

Netflixによる『愛の不時着』『梨泰院クラス』人気で、韓流ドラマがまた世界的に脚光を浴びている。そこで、本誌は現在の韓国芸能界で、トップギャラのスターリストを入手した!(連ドラにあまり出なくなった40歳以上の“レジェンド”俳優は除外)数多くの韓流ドラマの字幕を手掛ける翻訳家・金光英実さんはこう語る。

 

「通例、俳優と所属事務所では出演料の取り分は5対5ですが、超大物の韓流スターになると、そのギャラ比率が8対2になることも。出演料の交渉は事務所がおこないます。事務所は俳優のマネージャー、メークなどの人件費や移動車両などの経費を支払う必要があり、俳優のランクが上がるほど、事務所のギャラ比率は下がっていくことが多いため、出演料はさらに高額化していくのです」

 

ちょうど1話1億ウォンのギャラに到達したのが、ソン・ジュンギ(35)、イ・ジョンソク(31)、イ・スンギ(33)、チョ・ジョンソク(39)、チュ・ジフン(38)だ。

 

「ソン・ジュンギは『太陽の末裔』(’16年)でアジア圏で大ブレーク。ドラマ『あなたが眠っている間に』(’17年)でSBS演技大賞最優秀演技賞に輝いたイ・ジョンソクは同作で1億ウォンの大台に。“国民の弟”のキャッチフレーズを持つイ・スンギも除隊後の『花遊記』(’17年)で1億ウォンに到達しました。

 

今年『賢い医師生活』で大ブレークし、シーズン2の制作も決まったチョ・ジョンソクも1億ウォンに突入。この作品に愛着がある彼は、“少しでも制作費削減の手助けに”と、ギャラを自ら減額提案したことが韓国テレビ局内で“美談”として話題になっています。

 

Netflix最初のオリジナル韓国版ドラマ『キングダム』に出演したチュ・ジフンは今年度の『フォーブス・コリア・パワーセレブリティ40』にも選ばれていました」(韓国テレビ局関係者)

 

次ページ >『愛の不時着』コンビに勝った俳優とは…

関連カテゴリー: