image

(写真・神奈川新聞社)

第70回毎日映画コンクールの表彰式が16日夕、川崎市幸区のミューザ川崎シンフォニーホールで開かれた。最高賞の日本映画大賞には橋口亮輔監督の「恋人たち」が選ばれ、女優主演賞の綾瀬はるかさんら俳優、スタッフなど各部門の受賞者らが表彰された。

綾瀬さんは「歴史ある賞をいただけ光栄です。(「海街diary」の長女役は)自分とはまったく違う性格だったので、勉強になりました」などとあいさつ。同映画の次女役の長澤まさみさんも女優助演賞に選ばれ、「これを機に精進したい」と笑顔を見せた。

TSUTAYA映画ファン賞(日本映画部門)は「幕が上がる」のももいろクローバーZが受賞。新アルバムにちなんだフェイスペイントで壇上に立ち、「ファンに選ばれた、うれしい賞をもらえた」と喜んでいた。男優主演賞と監督賞は塚本晋也さん、男優助演賞は加藤健一さんが選ばれた。

また、川崎らしい作品を市民の投票で決める「かわさきシネマアワード」は、「小川町セレナーデ」が選ばれ、表彰された。

関連記事
表彰台彩る綾瀬さんら ヨコハマ映画祭表彰式
「海街diary」5冠 ヨコハマ映画祭の各賞決定
綾瀬はるかと中学生共演 CM撮影で逗子開成中ヨット部