image

(写真・神奈川新聞社)

藤沢市内3カ所(片瀬東浜、同西浜・鵠沼、辻堂)の海水浴場の水質調査が9日、現地で行われた。午前中の調査の速報値では、いずれの海水浴場も水質に問題はなかった。

調査は市職員が漁船をチャーターして実施。水の汚濁の指標となる化学的酸素要求量(COD)は国の基準で「可」となる数値だった。油膜は確認されず、透明度も1メートル以上の「全透」だった。

調査は天候を見ながら、もう1日実施する。結果判明までに時間を要するふん便性大腸菌群数と腸管出血性大腸菌O157などの数値とともに県に報告する。

関連タグ: