image

(写真・神奈川新聞社)

川崎マリエン(川崎市川崎区東扇島)交流棟1階に英国の高級車「ジャガー」が今月末まで展示されている。川崎港は自動車の輸出が多く、同会館展望室から自動車運搬船に搬入される車が見られることなどから車に関する広報の一環として行われている。

車は「ジャガー・マーク・テン」で、世界で現存する台数は約10台といわれている1963年製造の型式。2005年に横浜で開かれたコンテスト「ジャガーディアワード」の優勝車の実車。ノスタルジックな流線形フォルムに、象徴の動物「ジャガー」のエンブレムが付いている。

クラシックカーの愛好団体「レトロモビル・ミュージアム・クラブ」の協力で不定期で展示されいて、昨年秋の「ロールス・ロイス ファンタムI」に次ぐ。同会館では「なかなか見ることができない貴重な機会」と来場を呼び掛けている。入場無料。問い合わせは同会館、電話044(287)6000。

関連タグ: