image

(写真・神奈川新聞社)

ミス・ユニバース・ジャパンの男性版コンテスト「ミスター・ジャパン」でグランプリに輝いた茅ケ崎市の山岸将也さん(23)が11日、市役所で市特別表彰を受賞した。県内在住者のグランプリ獲得は初の快挙という。

同コンテストは知性や感性、人間性、表現力を兼ね備えた男性の発掘を目的にスタート。4回目となる今年は約1,200人の応募があり、3月の最終選考会に臨んだ11人の中から山岸さんが4代目に選ばれた。

幼少期から水泳に打ち込んできた山岸さんは、順天堂大学卒業と同時に競技生活を引退。「水泳では頂点に立てなかった。違うジャンルで日本を代表する人間になるため挑戦した」とコンテストへの思いを語る。

現在はスポーツジムでトレーナー兼水泳コーチとして勤務。将来は俳優・タレントとしての活動を夢見るが、まずは今秋の世界大会に全力投球するつもりで、「茅ケ崎出身の誇りを胸に、世界で活躍できるようがんばりたい」と抱負を語った。

関連タグ: