image

(写真・神奈川新聞社)

ライトアップされたアジサイを車内から観賞できる箱根登山鉄道の特別列車「夜のあじさい号」の運行開始に先立ち、16日夜に試運転が行われた。

沿線には約1万株のアジサイが植栽。特別列車は毎年、見ごろの時期に合わせて運行している。現在は箱根湯本、大平台周辺でほぼ満開という。

昨年は、箱根山・大涌谷周辺の火山活動が活発化、6月30日に噴火警戒レベルが3(入山規制)に引き上げられたことから、途中で中止になった。それだけに同社は「多くの方に来ていただきたい。町の盛り上げの一助になれば」と話している。

夜のあじさい号は、18日から7月3日まで運行。全席指定の予約制で、現在は予約でほぼ埋まっている。ライトアップは7月10日までで、一般の列車からも楽しめる。

関連タグ: