image
(写真・神奈川新聞社)

球界最年長の42歳、横浜DeNAの三浦大輔投手が今季達成した24年連続安打が「プロ野球投手により安打を放った最多連続年数」としてギネス世界記録に認定され、22日に横浜スタジアムで認定証が授与された。

 

今季初登板した7月11日の中日戦(横浜)で左前打をマーク。自身の記録を更新するとともに、野手を含めてもプロ野球歴代4位タイとなる快挙を遂げた。球団から申請を受けたギネス・ワールド・レコーズ社が世界各国の主要プロリーグを調べたところ最多記録が判明したという。

 

三浦は「このような賞を頂けて光栄。『何とか一生懸命打とう』とやってきたことが24年につながった」と喜んだ。ただ、本職の方はというと、初登板は4回6失点で敗戦。それ以来1軍のマウンドから遠ざかっており、プロ野球新記録となる24年連続勝利投手を達成できていない。

 

それだけに「投手なので勝ちも付けたかった。続けることの大切さを感じながら、一つでも勝てるようにチームの力になりたい」と息巻いた。