image
(写真・神奈川新聞社)

日本でのバー発祥の地、横浜。各国の船乗りたちが集い、朝まで飲み明かした逸話が残るバーがいくつもある。

 

1964年10月にオープンしたパブレストラン「アポロ」(横浜市中区曙町)はギリシャ人船員のたまり場だった。市内最高齢の現役バーテンダーでオーナーの石原清司さん(78)は、ギリシャ人の元船員が営むレストランで19歳から働き始めて独立。ギリシャ語の看板を掲げ、船乗りや米兵ら外国人客で連日にぎわった。

 

貨物船のコンテナ化が進んだ70年代以降、ギリシャ人船員は次第に姿を見せなくなった。往時の名残は、ギリシャ曲が入った年代物のジュークボックス。

 

「ともに現役バリバリ。100歳まで続けるよ」

関連タグ: