image

(写真・神奈川新聞社)

 

鶴岡八幡宮(鎌倉市雪ノ下)で、正月の縁起物「破魔矢」作りが最盛期を迎えている。国産の竹や水鳥の羽を使い、12月中旬までに大小合わせて24万5千本を制作。巫女(みこ)や神職が矢の先端に鏑(かぶら)を付け、和紙を巻き、鈴飾りを付けて丁寧に仕上げている。鶴岡八幡宮の破魔矢は、源頼義が前九年の役を平定した際、京都の石清水八幡宮から授かった弓矢を奉納したことにちなむという。