image

(写真提供:京急油壺マリンパーク/神奈川新聞社)

 

京急油壺マリンパーク(三浦市三崎町小網代)で、キサンゴの“赤ちゃん”を展示している。

 

長井漁港(横須賀市長井)の漁師から刺し網に掛かったオオエダキサンゴなど4種類のキサンゴを譲り受けたのをきっかけに、2015年1月から展示。ろ過した水を使うなどして繁殖に成功し、昨年夏ごろに飼育員が約1~2ミリの幼体を確認した。

 

現在は約1センチに成長し、触手が緑色、体が黄色という半透明の姿。ジュウジキサンゴなど6種類が水槽内で展示されている。種類は判別できていない。

 

キサンゴは光を必要としない陰日性のサンゴで、触手でプランクトンを捕食するという。

 

開館時間や入館料などの問い合わせは、同パーク・電話046(880)0152。