image

(写真・神奈川新聞社)

 

大磯町国府本郷の県立大磯城山公園で13日、無職の男性が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された自称会社員の男(32)=同町高麗1丁目=が「人を殺して警察に捕まりたかった。最初に見つけた人を殺そうと思い、数十回殴った」と供述していることが14日、大磯署への取材で分かった。

 

2人に面識はなかったといい、同署は公園内で無差別に襲った通り魔的事件とみて調べている。

 

同容疑者は「公衆トイレから出てきた男性に声も掛けずに襲った」とも供述。同署は、同容疑者がトイレに立ち寄る男性を見掛けて待ち伏せし、出てきたところをいきなり殴り掛かったとみている。

 

逮捕容疑は、13日午後6時すぎ、同公園の公衆トイレ前で、男性(44)=同町生沢=の頭部や肩などを金属パイプで殴り殺害した、としている。同署は近く司法解剖し、死因を特定する。

 

同署によると、凶器とみられる金属パイプは、現場近くの植え込みから見つかった。容疑者は「13日昼ごろ、近くの海岸で拾った」と説明している。