image

(写真提供:日本民家園/神奈川新聞社)

 

川崎市立日本民家園(同市多摩区枡形)で4月1、2の両日、古民家と桜のライトアップが行われる。富山県の五箇山地方から移築された合掌造りの江向(えむかい)家住宅をはじめ、古民家10棟が外部と室内の照明で浮かび上がる。

 

古民家のいろりに火を入れ来園者を招き入れる床上公開、民具製作技術保存会ボランティアによる夜なべ仕事の実演が行われる。ちょうちんの貸し出し(先着100人)もあり、古民家カフェは午後7時半まで営業する。1日午後6時からは民話を語る「万華鏡のむかし話」が行われる。

 

点灯は両日とも午後5時半ごろから。閉園は午後8時(入園は同7時45分まで)。問い合わせは、日本民家園・電話044(922)2181。

関連タグ: