image
(写真・神奈川新聞社)

 

川崎市川崎区池田1丁目の京急線「京急川崎第1踏切」(遮断機、警報器付き)で、男性2人が快速特急電車(8両編成)にひかれ死亡した事故で、川崎署は17日、踏切内に先に立ち入った高齢男性の身元が同区の無職男性(77)と判明したと発表した。同署は、男性の家族の話などから、自殺の可能性があるとみている。

 

同署によると、男性は事故の直前、踏切に隣接する京急線八丁畷駅前でタクシーを降り、警報灯が点滅し始めた頃に踏切内に入っていく姿が、踏切に設置されている監視カメラに写っていたという。

 

その後、男性の反対側から踏切を渡り終えた横浜銀行幹部行員(52)が、遮断機が下りても踏切内にとどまっていた男性を発見。行員は踏切内に入り、男性の腰付近に手を回すなどして救助しようとしたが、2人ともひかれた。

 

警報灯が点滅し、電車が通過するまでの時間は約45秒だった。