image

(写真・神奈川新聞社)

 

母の日にはガーベラを-。平塚市内で唯一の専業農家・マツキバラ園芸(松木寿永社長)では、14日の母の日を前に色彩豊かなガーベラの出荷作業に追われている。

 

通年流通するが、入学式や母の日などイベントが続くこの時季が最盛期で、週に3万本を市場に送り出す。同園はガーベラ農園としては県内随一の約4千平方メートルの温室で約60種類を栽培し、年間約70万本を生産している。

 

母の日を見据えてピンク色の「キムシー」、オレンジ色の「ファンタ」などが人気という。松木社長は「カーネーションやバラに加え、ガーベラの需要も高まってきた。主役にも脇役にもなれる花。季節に合った豊かな色を楽しんでほしい」と話している。

関連タグ: