image
(写真提供:相模原市/神奈川新聞社)

 

相模原市は4日、特定外来生物で有毒のセアカゴケグモ1匹が同市緑区二本松4丁目で見つかったと発表した。県内では横浜、川崎、厚木、横須賀市内などで確認されているが、同市では初めて。

 

市水みどり環境課によると、見つかったのは体長約7ミリのメス。かまれると痛みや腫れなどの症状が出る。3日にアパート敷地の駐輪場に止めた自転車のフレームに巣を作っていたのを住民が発見。殺虫剤で駆除した後、市に連絡した。4日に市立博物館が確認した。

 

市は、ちらし300枚を作成し、付近の住宅に注意を喚起。「見つけても素手で触らないように。万一、かまれた場合はすぐに医療機関に相談を」と呼び掛けている。

関連タグ: