image
(写真・神奈川新聞社)

 

1930年の建造以来、練習帆船として船員教育を担い、横浜・みなとみらい21(MM21)地区で保存されている「日本丸」。激動の昭和期を乗り越え、84年の引退まで1万1千人以上の船乗りを送り出してきた。早ければ8月にも国の重要文化財に指定される運びとなったことを記念し、船体の非公開ゾーンを飯田敏夫船長(67)の案内で見学できるようになった。

 

普段足を運べるエリアはマストや多くのロープがある甲板や航海船橋(ブリッジ)をはじめ、船内の実習生居住区や士官サロンなどに限られている。一方で、船の心臓部に当たるエンジンルームや船底にある倉庫、実習生らの作業スペースなどは建造時の様子をとどめているが、急な階段があるなど安全への配慮のため非公開としてきた。